• 住宅ローンでお金を借りる、その後の返済方法の仕組み

    Date: 2014.05.30 | Category: お金を借りる | Tags:

    住宅ローンでお金を借りることを決めたら、その返済方法も考慮しなければなりません。その方法は大きく分けると「元利均等返済」と「元金均等返済」に分けられます。他にも、お金を借りる際に親子2代で返済を行っていくことを決めておく「親子リレー返済」などもありますが、ここでは前者2つの返済方法について知っておきましょう。


    <元利均等返済>

    住宅ローン返済の定番が、この元利均等返済です。返済がしやすいよう、毎回の返済額が一定になるように設計されています。返済額のうちの元金部分と利息部分を比べると、返済当初は利息部分が多く、返済期間が経過するごとに、元金部分が多くなって利息部分が減少していくという特徴があります。


    <元金均等返済>

    元金均等返済は、元金を返済期間で均等に割って一定にし、ローン残高に応じた利息を加える返済方式のため、当初の返済額は多くなりますが、返済期間の経過とともに利息を含めた返済額は徐々に減額されます。当初の返済額が多くなる分、お金を借りる際に返済計画が立てにくいのですが、元利均等返済と比べると元金部分が早く減る分、総返済額が少なくなります。ただし、民間金融機関では、取り扱っていないところもあります。