• お金を借りるのに制限があるの?

    Date: 2014.04.18 | Category: お金を借りる | Tags:

    お金を借りることができる金融機関として、真っ先に頭に浮かぶのは消費者金融だという人も多いことかと思います。昔、消費者金融は危険、法律違反のある会社という印象を持った人もいたかもしれませんが、現在は消費者金融を取り巻く法律も変わり、お金を借りる安全な金融機関となっているそうです。


    お金を借りるには上限がある?

    お金を借りるために審査を受ければ、いくらでも利用できるというわけではありません。消費者金融では貸金業法という法律によって、上限が定まっています。この上限を決める法律を総量規制と名付けていて、総量規制対象外といわれるローンは、銀行が直接行っている少額融資ローンのことなのだそうです。法律が違うため、この点では借りるときにも違いが出ると言われていますが、サービスの原則は似ていると言われるそうです。


    年収によって変わる上限

    あくまで、法律で決まった上限ですから収入面で不安定な場合、他にも銀行などで債務があるなど、返済面で不安が多い場合には、これ以下の金額でも融資はできません!と断られるケースもゼロではありません。しかし、原則として貸金業法では、年収の3分の1を上限と決めているそうです。ただし、このお金の総額は住宅ローンやマイカーローンなどの融資金額は含まずに計算ができます。消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りている金額の総額なのだそうです。