• お金を借りることができない人が増えてる?

    Date: 2014.04.18 | Category: お金を借りる | Tags:

    現金の出費が重なったり、急なトラブルでどうしてもお金を借りたりする必要があるときに利用するのが、キャッシングと呼ばれているサービスです。少額融資とも言われていて、消費者金融や一部の銀行が行うローンとなっています。このサービスの審査に落ちる若い人には、落ちる理由が似ているというウワサがあるそうです。


    携帯電話もお金を借りる状態

    若い世代でお金を借りる審査で引っかかってしまう人の多くが、携帯電話の支払いが途中で止まってしまった経験のある人なのだそうです。携帯電話はそのまま利用した分を支払うイメージがあるかもしれませんが、機種代を分割して返済している状態です。そのため、お金を借りるのと同じように、個人のお金の履歴である、信用情報という個人情報にその記録がばっちりと残ってしまいます。


    信用情報で3か月以内に事故があると危険?

    お金を借りる会社でもこの基準は違うのですが、低い金額の場合には過去半年から3か月以内に、返済ができなかったお金などがある、何かしら返済を踏み倒してしまうと、審査には通りにくくなると言われています。まだお金を借りる経験のない人も、クレジットカードや携帯電話の支払い状況次第で、返済ができない人、と判断されてしまうので今から管理を徹底するといいでしょう。