• うまくお金を借りると人生もうまくいく

    Date: 2015.02.02 | Category: お金を借りる | Response: 0

    銀行や消費者金融でお金を借りる時にはまず借りる会社を選ぶ必要があります。そしてその会社選びが今後の自分の生活を左右すると言っても過言ではありません。うまく自分の生活水準に見合った会社を選び、人生もうまくいくように自分を導いてしまいましょう。

    ここでは生活水準に合う会社選びと着目して欲しい部分についてご紹介致します。


    ・お金を借りる会社を選ぶために

    お金を貸してくれる会社を選ぶ前にまずは自分の生活水準を弾き出さなければなりません。まずは自分についてのデータを以下の項目を基準に書き出します。

    【生活水準計算項目】
    ・月の収入及び年収
    ・月の出費管理状況(家計簿の状態)
    ・身体の状態(健康状態)

    まずは自分の収入です。どのくらいお金を借りるかによっても異なると感じますが、自分がどのくらい収入を貰っているのかによって月の返済金額が決まるため、会社を選ぶ前に自分が返済出来る額を知っておく必要があります。そしてそれに対する出費の管理状況です。欲しいものややりたいことがある、それに対してお金を使いたいと考える前にお金をきちんと管理して捻出する努力をしているのかを再確認しましょう。お金を借りるにせよ返済が始まるのに出費の管理が出来ていないようでは大変です。
    更に重要なのが自分の健康状態です。返済を滞らせて家族や親せきにとんでもない迷惑をかけることに繋がるため、管理をきちんとして健康を保っている必要があります。


    ・ここが一番大切なところ

    そして自分の生活水準が見えてきたら、いよいよ借り入れする会社選びです。お金を借りられる会社としては大きく分けて「銀行」・「信販」・「消費者金融」があります。更に細かくそれぞれのカードローンとキャッシング・クレジットカードがあります。
    借り入れしたい額が100万円以上であればカードローンを、それ以下であればクレジットカードやキャッシングを選びます。月々の返済額が3万円を超えることが可能なのであれば支払方法がリボルビング固定ではない金融機関を選びます。ボーナスで支払いを対応出来るのであればボーナス対応が可能の金融機関を選びます。金融機関の商品は同じような内容のものを言い換えて提案してくる場合があるため、自分の欲しいものが明確でないと金利を高く設定されたり余計に高額のプランを契約させられたりと大変なことになります。
    面倒と感じても自分の生活水準をしっかり見極めて自分が支払っていくプランを考えていきましょう。

    様々なハードルを超えて叶えたものこそ本当に叶えた夢と言えます。うまくお金を借りることで自分の未来を切り開き人生をうまくいかせることが可能になるのです。

  • お金を借りる会社はどう選ぶの?

    Date: 2014.04.18 | Category: お金を借りる | Response: 0

    お金を借りることのできる金融機関は、銀行や消費者金融となるかと思います。クレジットカードを所有している場合には、クレジットカードのキャッシング枠でも借りることができますが、利用特典などの面では、審査の手間をかけても銀行などの少額融資を利用するという人が多いと言われています。


    お金を借りる、何が違う?

    お金を借りるということも、お金を借りる前に審査があって、口座に入金される、ATMなどで入金、返済を行うという部分に大きな違いはありません。ただし、銀行と消費者金融では決定的な違いに、法律があります。銀行では銀行法、消費者金融やクレジットカード会社は貸金業法、2つは法律が変わることから、借金の上限を設ける規制などでも違いがあるのです。


    銀行のメリットと消費者金融のメリット

    最初から少額のお金を貸していたのは消費者金融なので、審査の速さや借りやすさという点では、消費者金融が優れていると言われています。そのため、銀行ではできないニーズにもこたえている部分があるそうです。ただし、利息の面では銀行のほうが安くなるケースも多いと言われていて、返済にかかる負担を考える場合には、銀行のカードローンを使う人もいるそうです。ただし、その分だけ審査で落ちる可能性もあがるそうです。


    比較メディア

    カードローン比較センター・・・スマートフォンにも対応のカードローンの比較メディア、その名も「カードローン比較センター」!

  • 友人や知人にお金を借りるとしがらみが残る

    Date: 2015.10.26 | Category: お金を借りる | Response: 0

    家族や友人から借金しまくっている人はそれだけで社会からのはみ出し者だと揶揄されます。そんなお金にだらしない人が人からお金を借りる時には信頼を担保としますから、その借金によってどんどん信頼を無くしているのだということに早く自覚的になるべきです。
    そのように人間関係に与えてしまうしがらみを与えずにお金を借りるには、そのようなキャッシングを生業としている業者からお金を借りるしかありません。
    業者相手のキャッシングは誰にも迷惑をかけずに行うことができます。消費者金融のカードローンを利用する時には担保も、そして保証人も必要としませんから、人に迷惑をかけない借り入れを希望するなら業者相手のキャッシングをおすすめします。


    ・お金を借りるために申し込みを行う

    お金を借りるためには、借り入れ先に申し込みを行う必要があります。
    借り入れ先として検討している消費者金融、または銀行相手にネットから、または電話で簡単に申し込むことができます。最近では申し込み専用のスマートフォンアプリを開発している業者もあるなど、気軽に申し込みを済ますことができるサービスに力を入れている業者は多いです。
    その後審査になるのですが、この審査基準の厳しさはそれぞれの業者によって厳しさが変わってきます。一般的に銀行よりも大手消費者金融の方がより優しい基準で審査が行われ、中小の消費者金融はより基準が優しくなります。


    ・キャッシングにかかる時間も異なる

    申し込んでから審査、そしてその後契約してからお金を受け取るまでにかかる時間は、それぞれの消費者金融や銀行によって異なりまる。
    中には申し込んでから融資を受けることが可能になるまで40分しかかからない、というキャッシングサービスがあるなど、この必要になる時間によって借入れる業者を選ぶのも大切です。
    実際の利用者が残した借り入れの体験談を前もって調べておくことが大切です。あなたの人生をより良くするのは持っている知識や経験だけです。

  • お金を借りる前に金額と返済期間を決める

    Date: 2015.06.05 | Category: お金を借りる | Response: 0

    お金を借りる前に決めて欲しいのは、必要になる金額と返済にかける期間です。
    なぜなら、金利と返済のことを考えないでお金を借りると、大変なことになる可能性があるからです。
    そう言われてもピンとこない方がほとんどだと思いますので、私が本当に後悔した過去のキャッシングを説明することで、追体験をして頂こうと思います。
    皆様には、それを参考にして頂きたく存じます。


    お金を借りる理由は些細な事

    初めは、どうしても欲しい限定品のためでした。
    当時の私は学生で、お恥ずかしいことにフィギュア集めが趣味でした。
    大小さまざまなフィギュアを集めているうちに、好きなメーカーから100名限定のあるフィギュアが販売されたのです。
    私はそれに釘付けになってしまい、気づいたらお金を借りる方法を調べていました。
    その時に初めて借りた金額が、10万円でした。
    学生の私には大金でしたが、3ヶ月ほど普段よりもアルバイトのシフトを増やして返しきることはできました。
    思えば、この時に「案外簡単だな」と味を占めてしまったのがよくなかったのでしょう。


    計画性のない身から出たサビ

    社会人になった私が次に目をつけたのは、時計でした。
    もともと収集癖があったのか、ショーケースに飾ったりして自己満足に浸っていました。
    その頃から、学生の頃よりもまとまったお金を借りるようになっていきました。
    10万円、20万円、50万円・・・どんどん借りる金額は高くなっていき、金銭感覚が少しずつ狂っていきました。
    キャッシングが100万円を超えたところで危機感を覚えた私は、食費を切り詰めたりもしましたが、すでに手遅れでした。
    その後、債務整理の手続きを行って、現在は別の趣味を楽しんでいます。
    初めから、借りる金額と返す期間を決めていれば、こんなことにはならずに済んだのにと後悔しました。
    こうならないためにも、お金を借りる前に今一度お考えください。

  • お金を借りる理由

    Date: 2014.12.10 | Category: お金を借りる | Response: 0

    あなたは、お金を借りたことがありますか?。まあ、借りないですめば、それに越したことはありませんが、金は天下の周りものです。手元にないときだってありますよね。
    たとえば、あなたなら、どういった時に、お金を借りるのでしょうか?


    <お金を借りる理由>

    信用できるある機関が調査したところ、一番の理由は、「低収入・収入減少」だそうです。次に「事業資金などの補填」がきて、「商品購入(ショッピング)」と続きます。よくあるドラマの「ギャンブルで借金地獄」や、「借金に次ぐ借金」、「ひとの保証人」みたいなことは意外に少ないようです。
    ただ、最初は収入が少なくてお金を借りたはずが、返せなくてつい、ギャンブルに手を出して、更に借金に次ぐ借金、という結果になる可能性は高いでしょう。


    <お金の管理能力>

    実際に生活をしていると、想定外のことはよく起こります。そういったときに、ちょっとだけ借りるというなら仕方ないのですが、毎月のことになると話が違ってきます。ただ、「低収入」が理由で毎月お金を借りるということは、収入に合ったお金の使い方ができていない、ということでもあります。また、以前はもっと稼いでいたが、何かあって給料が減ったという「収入減」が理由の方は、以前の生活のレベルを下げられないということです。人情的にはよくわかりますが、それが生活そのものを脅かすことになるのですから、もう少しお金の管理能力を高める努力はすべきではないでしょうか。

  • 国の教育ローンの利用でお金を借りる

    Date: 2014.08.27 | Category: お金を借りる | Response: 0

    公的機関のローンは、日本政策金融公庫の国の教育ローンと、雇用・能力開発機構の教育ローンがあります。このうち国の教育ローンは3種類あり、教育一般貸付、年金教育貸付、教育積立郵便預金者貸付(郵貯貸付)です。ここでは教育一般貸付の概要について知っておきましょう。


    <教育一般貸付の基本事項>

    高校、大学などに入学、在学している学生の保護者または本人に対して、学生一人につき最高300万円のお金を借りることができます。利率は固定金利で年2.35%(平成26年1月20日現在)で、最長返済期間は15年。年収制限があり、給与所得者は年収790万円以内、事業所得者は所得590万円以内でなければいけないことを知っておきましょう。


    <教育一般貸付のその他の留意点>

    原則として、退職後はローンが組めません。また、学生本人が授業料などの学費のお金を借りることになり、卒業後に本人が返済する奨学金の制度もあります。使用用途として、入学金や授業料だけでなく、受験料や交通費、下宿代、学生の国民年金保険料などもローンとしてお金を借りる対象になることも留意しておきましょう。年収制限があることは前述しましたが、さらに保証人が立てられない場合は、保証料が融資から差し引かれてしまうということも気を付けておきましょう。

  • お金を借りる学生が増えている?

    Date: 2014.08.21 | Category: お金を借りる | Response: 0

    よく男性が借入するとか会社員が借入すると言うイメージがありますが、近年では少しずつ変わってきているようです。
    近年では、女性でも安心してお金を借りることが出来るように、女性向けの金融機関も増えてきています。
    また、学生の利用者も少しずつ増えてきているようですが、その理由は学費の支払いや生活費の足しなんだそうです。
    特に田舎から出てきて一人暮らしをしている人に多く、今では色々な人が金融機関を利用しているみたいですね。


    ・無理をしないでお金を借りる

    中には借入するのが恥ずかしいと言う人もいるようですが、無理をしてしまうと苦しくなってしまいます。
    ですから、困った時にはお金を借りるようにして後日しっかり返済するようにしてみてはどうでしょうか?
    学生は最初躊躇ってしまう事もあるかと思いますが、大手企業だったら何も怖い事は無いので利用しても平気ですよ。
    気を付けたいのは、闇金融に手を出してしまう事なので、何があってもそれだけは避けるようにして下さいね!


    ・学生が一番お金もかかる?

    学生の利用者が多いのは、やはり学費や生活費、付き合うための費用がかさむからなのではないでしょうか?
    バイトをすればいいじゃないかと思う人もいますが、バイトをしても足りなくなってしまう事もあるようです。
    きちんと返済することが出来れば、困った時にお金を借りるのも決して悪いことではないと思いますが、どう思いますか?

  • 住宅ローンでお金を借りる、その後の返済方法の仕組み

    Date: 2014.05.30 | Category: お金を借りる | Response: 0

    住宅ローンでお金を借りることを決めたら、その返済方法も考慮しなければなりません。その方法は大きく分けると「元利均等返済」と「元金均等返済」に分けられます。他にも、お金を借りる際に親子2代で返済を行っていくことを決めておく「親子リレー返済」などもありますが、ここでは前者2つの返済方法について知っておきましょう。


    <元利均等返済>

    住宅ローン返済の定番が、この元利均等返済です。返済がしやすいよう、毎回の返済額が一定になるように設計されています。返済額のうちの元金部分と利息部分を比べると、返済当初は利息部分が多く、返済期間が経過するごとに、元金部分が多くなって利息部分が減少していくという特徴があります。


    <元金均等返済>

    元金均等返済は、元金を返済期間で均等に割って一定にし、ローン残高に応じた利息を加える返済方式のため、当初の返済額は多くなりますが、返済期間の経過とともに利息を含めた返済額は徐々に減額されます。当初の返済額が多くなる分、お金を借りる際に返済計画が立てにくいのですが、元利均等返済と比べると元金部分が早く減る分、総返済額が少なくなります。ただし、民間金融機関では、取り扱っていないところもあります。

  • お金を借りるときに考えるのは利息だけでいいの?

    Date: 2014.05.02 | Category: お金を借りる | Response: 0

    お金を借りることのできる会社が、多くなっているそうです。消費者金融はもちろん、クレジットカードがある人は、クレジットカードのキャッシング枠もありますし、銀行も消費者金融が行っているようなサービスを開始しています。


    お金を借りるなら利息と手数料

    お金を借りるときは利息の安いところで借りる、というのは、常識のようになっているかと思います。過去に借りたことがなくても、気にするのは利息ということだけは、みんなが知っていることですが、では利息さえ安ければどこでもいいということになるのでしょうか?それは、少し違うという意見もあるそうです。もちろん返済で支払うお金は少ないほうがいいですが、返済ではATMへ振り込みなどを行いますし、借りるときにも金融機関のATMは欠かせない存在と言われています。


    手数料はばかにしないこと

    消費税も上がったことから、ATMでかかる利用手数料も数円ですが、高くなっているそうです。そのため、返済や借り入れをおこなうたびに、数百円がかかってしまうのはもったいないと思います。一年間で返済を、と考える場合、返済に100円の手数料がかかるだけで、1200円もの負担になってしまうのですから、利息と一緒に、手数料がかからないATMも探すといいでしょう。

    外部サイト・・・・

  • 調べてからお金を借りるようにしよう

    Date: 2014.04.22 | Category: お金を借りる | Response: 0

    思い立ったらすぐに行動する人も多いですが、お金を借りる時だけは調べてから行動するのがいいですよ。
    思ってからすぐに行動してしまうと何も準備していないので、何か問題が起きてしまった時に対処できません。
    まずは、どの金融機関を選ぶのかから始まるので、色々比較をして自分が無理なく頼れる場所を選びましょう。
    比較するポイントとしては、個人によって違うので断言することは難しいですが、自分が譲れないと思ったものを比較して決めるのが良いかもしれないですね。


    お金を借りることに感謝しよう

    お金を借りるという事は、当たり前のことではなく特別なことなんです。
    自分の信用と引き換えにしてお金を借りる訳ですから、感謝する気持ちを忘れずにしましょうね。
    中には借りたくても審査に通れない人もいますので、常に感謝の気持ちを持つようにして下さい。
    信用と引き換えにしているわけですから、返済もしっかり行わなければいけませんよ!


    最後まで責任を持とう

    お金を借りる時は、借りたからおしまいではなくて返済を終えるまで責任を持ちましょう。
    完済できるまではすべてが片付いているとは言えないので、最後まで責任をもって完済しましょう。
    完済していないのに新たな借入をすることも、出来るだけ避けるようにした方がいいですよ。

  • お金を借りるなら少額から

    Date: 2014.04.22 | Category: お金を借りる | Response: 0

    お金を借りる時は、高い金額ではなくて出来るだけ少額にしておくのがいいと思いますよ。
    あまり多額を借入してしまうと、毎月の返済も大変になってしまいますからね。
    自分が余裕をもって毎月必ず返済していけるような金額を、借りるようにすることがベストです。
    少額にしておいた方が精神的な負担も少なく、ストレスもたまらないのでぜひそうしてみて下さいね。


    審査をしてからお金を借りる

    いきなりお金を借りるのではなくて、審査であなたの情報を確認してから借りる事が可能となっています。
    審査では、年齢とか住所、勤務先や年収などについてチェックされるので、一度自分で確認しておくのが◎。
    今は、信用情報機関という場所で自分の情報を調べることが出来るようになっているみたいですよ。
    ちなみに、よく耳にする信用情報とはお金に関する情報が書かれているようです。


    申し込み方について

    お金を借りるときは、一番初めに申し込みをすることから始まります。
    申し込み方は、直接窓口へ行く方法や電話をかけての申し込み、スマホやネットからの申し込みなどがあります。
    場所によっては、提携しているATMから申し込みをすることも可能だそうですので、自分の都合に合わせて選んでみて。
    その際、何が必要になるのか公式サイトで確認をしておくのがベスト。

  • お金を借りるのに制限があるの?

    Date: 2014.04.18 | Category: お金を借りる | Response: 0

    お金を借りることができる金融機関として、真っ先に頭に浮かぶのは消費者金融だという人も多いことかと思います。昔、消費者金融は危険、法律違反のある会社という印象を持った人もいたかもしれませんが、現在は消費者金融を取り巻く法律も変わり、お金を借りる安全な金融機関となっているそうです。


    お金を借りるには上限がある?

    お金を借りるために審査を受ければ、いくらでも利用できるというわけではありません。消費者金融では貸金業法という法律によって、上限が定まっています。この上限を決める法律を総量規制と名付けていて、総量規制対象外といわれるローンは、銀行が直接行っている少額融資ローンのことなのだそうです。法律が違うため、この点では借りるときにも違いが出ると言われていますが、サービスの原則は似ていると言われるそうです。


    年収によって変わる上限

    あくまで、法律で決まった上限ですから収入面で不安定な場合、他にも銀行などで債務があるなど、返済面で不安が多い場合には、これ以下の金額でも融資はできません!と断られるケースもゼロではありません。しかし、原則として貸金業法では、年収の3分の1を上限と決めているそうです。ただし、このお金の総額は住宅ローンやマイカーローンなどの融資金額は含まずに計算ができます。消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りている金額の総額なのだそうです。

  • お金を借りることができない人が増えてる?

    Date: 2014.04.18 | Category: お金を借りる | Response: 0

    現金の出費が重なったり、急なトラブルでどうしてもお金を借りたりする必要があるときに利用するのが、キャッシングと呼ばれているサービスです。少額融資とも言われていて、消費者金融や一部の銀行が行うローンとなっています。このサービスの審査に落ちる若い人には、落ちる理由が似ているというウワサがあるそうです。


    携帯電話もお金を借りる状態

    若い世代でお金を借りる審査で引っかかってしまう人の多くが、携帯電話の支払いが途中で止まってしまった経験のある人なのだそうです。携帯電話はそのまま利用した分を支払うイメージがあるかもしれませんが、機種代を分割して返済している状態です。そのため、お金を借りるのと同じように、個人のお金の履歴である、信用情報という個人情報にその記録がばっちりと残ってしまいます。


    信用情報で3か月以内に事故があると危険?

    お金を借りる会社でもこの基準は違うのですが、低い金額の場合には過去半年から3か月以内に、返済ができなかったお金などがある、何かしら返済を踏み倒してしまうと、審査には通りにくくなると言われています。まだお金を借りる経験のない人も、クレジットカードや携帯電話の支払い状況次第で、返済ができない人、と判断されてしまうので今から管理を徹底するといいでしょう。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

キャッシング情報サイト

オリックス銀行審査

キャッシングサービスのなかでも、オリックス銀行の金利は非常に低い部類に入ります。ただ、審査はしっかりしていますので、融資を考えている方はこちらのサイトを参考にしてはどうでしょう?